コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原 げんと ウエハラ ゲント

20世紀日本人名事典の解説

上原 げんと
ウエハラ ゲント

昭和期の作曲家



生年
大正3(1914)年12月28日

没年
昭和40(1965)年8月13日

出生地
青森県木造町

本名
上原 治左衛門

別名
別名=上原 絃人

学歴〔年〕
木造中〔昭和7年〕卒,東洋音楽学校中退

経歴
生家が蓄音機店だったので幼い頃から音楽になじみ、独学でギター、作曲を学ぶ。昭和9年上京、ギターの流しを経て、13年キングレコードに入社。14年「国境の春」(歌は岡晴夫)でデビューし、「上海の花売娘」の大ヒットで作曲家として認められる。以後、岡晴夫と組んで「港シャンソン」「東京の花売娘」「あんこ可愛いや」など一世を風靡する曲を連発した。26年日本コロムビアに移籍。他の代表作に「港町十三番地」「逢いたいなァあの人に」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

上原 げんと (うえはら げんと)

生年月日:1914年12月28日
昭和時代の作曲家
1965年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

上原 げんとの関連キーワード逢いたかったぜ桜井 敏雄生年月日岡 晴夫

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android