コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上場商品 じょうじょうしょうひん

世界大百科事典 第2版の解説

じょうじょうしょうひん【上場商品】

法定市場である商品取引所で売買の対象となる商品。取引所は定款で上場商品を定める。商品取引所法制定(1950)当初の上場商品は九つの法定商品と三つの政令指定商品であったが,1975年の法改正で全商品が政令指定に改められた。現在の上場商品には,綿糸,毛糸,生糸,スフ糸などの原糸と生糸原料の乾繭,精糖,粗糖,大豆,小豆,大手亡,ゴム,金などがある。上場商品の資格としては,(1)流通量が大きい,(2)一定期間,品質に変化がなく保有がきく,(3)値動きが激しく,保険つなぎの必要性が大きい,などであり,その商品の取扱関係者の上場希望を前提に,農産物農林水産大臣,工業製品は通商産業大臣それぞれ認可する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上場商品の関連情報