コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上平主税 うえひら ちから

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上平主税 うえひら-ちから

1824-1891 幕末-明治時代の武士,神職。
文政7年9月14日生まれ。大和(奈良県)十津川郷士。文久3年朝命をうけて天誅(てんちゅう)組を十津川から郷外に退去させる。明治2年横井小楠(しょうなん)暗殺事件に連座し,伊豆(いず)新島へ無期流刑。12年ゆるされ,のち郷里の玉置神社祠官となった。明治24年3月死去。68歳。名は長矩。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上平主税の関連キーワード明治時代神職

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android