コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉勝道 うえすぎ かつみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉勝道 うえすぎ-かつみち

1826-1896 江戸後期-明治時代の大名,華族。
文政9年2月28日生まれ。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩主上杉斉定(なりさだ)の4男。叔父上杉勝義の養子。天保(てんぽう)13年米沢新田藩主上杉家5代となる。戊辰(ぼしん)戦争では,奥羽越列藩同盟にくわわった米沢藩主の兄斉憲(なりのり)とは別行動をとり,奥羽戦争後は斉憲の謝罪に奔走した。子爵。明治29年3月22日死去。71歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上杉勝道の関連キーワード明治時代華族

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android