謝罪(読み)しゃざい

精選版 日本国語大辞典「謝罪」の解説

しゃ‐ざい【謝罪】

〙 罪や過ちをわびること。〔新令字解(1868)〕
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉七「(シャザイ)の御処置あるべきや、又は討取り申すべきや」 〔史記‐廉藺相如伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「謝罪」の解説

しゃ‐ざい【謝罪】

[名](スル)罪や過ちをわびること。「被害者に謝罪する」「謝罪広告」
[類語]謝る謝するわびわび言平謝り陳謝わびる多謝恐縮有り難いかたじけないうれしいもったいないおそれ多い幸甚恐懼恐れ入る痛み入る心苦しい身に余る過分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「謝罪」の解説

【謝罪】しやざい

罪をわびる。〔史記、廉頗相如伝〕頗之れを聞き、(にくたん)(肩はだぬぎ)して(けい)をひ、~相如のに至りて罪を謝し、~(つひ)に相ひ與(とも)に(よろこ)びて刎頸(ふんけい)のはりを爲す。

字通「謝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android