コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉文秀 うえすぎ ぶんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉文秀 うえすぎ-ぶんしゅう

1867-1936 明治-昭和時代前期の仏教学者。
慶応3年2月1日生まれ。楠潜竜(くすのき-せんりゅう)に師事,のち京都尋常中学で清沢満之(まんし)にまなぶ。明治34年真宗大教授。昭和6年大谷大学長。中国,日本の天台史を研究。昭和11年2月10日死去。70歳。三河(愛知県)出身。真宗大学寮(現大谷大)卒。本姓は小島。著作に「日本天台史」「往生礼讃講要」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上杉文秀の関連キーワード園城寺安然

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android