コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉春子(読み)うえすぎ はるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉春子 うえすぎ-はるこ

1640-1658 江戸時代前期,上杉綱勝(つなかつ)の妻。
寛永17年生まれ。保科正之(ほしな-まさゆき)の長女。夫は出羽(でわ)米沢藩(山形県)30万石の藩主。実母お万の方が加賀金沢藩100万石の藩主前田綱紀(つなのり)と縁組みする側室の娘,松子をねたんで万治元年7月,毒殺をくわだてた席で,手違いで毒入りの膳をあたえられ27日中毒死。19歳。通称は徳姫

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android