コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳姫 とくひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳姫 とくひめ

1559-1636 織豊-江戸時代前期,織田信長の娘。
永禄(えいろく)2年3月2日生まれ。10年三河(愛知県)岡崎城主松平信康(のぶやす)(徳川家康の長男)と結婚,2女を生む。信康は徳姫の訴えにより,信長に武田家との内通をうたがわれ,天正(てんしょう)7年自刃させられたというが,真相は不明。寛永13年1月10日死去。78歳。通称は五徳,岡崎殿,見星院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

徳姫

没年:寛永13(1636)
生年:永禄2(1559)
安土桃山・江戸時代の武家の女性。徳川家康と築山殿の長男松平信康の妻。織田信長と生駒氏の娘。五徳。織田・徳川同盟の絆として,永禄10(1567)年9歳で三河国岡崎城主の信康に嫁した。築山殿も岡崎城に同居したが,家康は浜松城にあって,父子共に武田勢と攻防を繰り返した。徳姫は,築山殿と信康が武田氏に内通したといい,夫の日常の不行跡を信長に訴えたという。信長は伺候した家康の家臣酒井忠次に確かめ,家康に命じて天正7(1579)年信康を自害させた。これらは信長の策謀ともいわれ真相は明らかでない。信康亡きあと織田家に戻り,京で過ごす。ふたりの娘は本多忠政と小笠原秀政の正室となった。<参考文献>『人物日本の女性史』8巻

(西村圭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

徳姫 (とくひめ)

生年月日:1559年3月2日
戦国時代;安土桃山時代;江戸時代前期の女性。松平信康の正室
1636年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

徳姫の関連キーワード安土桃山時代王氏(2)上杉春子徳川信康三宅艮斎願成寺絵金

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳姫の関連情報