コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上歌 あげうた

世界大百科事典 第2版の解説

あげうた【上歌】

平曲,あるいは能の謡などの楽曲構成部分の名称の一つ。平曲では,詞章の和歌を優美に,たっぷりと歌い上げるもの。〈かみうた〉という立場もある。能の上歌は,七五調の詞章を平ノリで節付けしたものの一つで,内容は登場人物の気持ちや感慨を述べる抒情文あるいは叙景文が多く,謡う役はシテ,ツレ,ワキ,地謡など各役にわたる。詞章の句数は一定していないが,10句程度が標準で,最初の2句と,最後の2句は同じ文句の繰返しがふつう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の上歌の言及

【上歌】より

…〈かみうた〉という立場もある。能の上歌は,七五調の詞章を平ノリで節付けしたものの一つで,内容は登場人物の気持ちや感慨を述べる抒情文あるいは叙景文が多く,謡う役はシテ,ツレ,ワキ,地謡など各役にわたる。詞章の句数は一定していないが,10句程度が標準で,最初の2句と,最後の2句は同じ文句の繰返しがふつう。…

※「上歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上歌の関連情報