下音(読み)げおん

世界大百科事典 第2版の解説

仏教音楽の講式や,《平家物語》を詞章とする平曲の旋律型の一つ。講式の音は,初重(しよじゆう)に続く比較的短い旋律型で,二重と同じような機能と曲調だが,音域が二重より低く,初重のそれにほぼ近いものをいう。二重の場合より使用頻度は小さい。平曲の下音は拾イ物において上音に前置され,上音とともに勇壮な場面に用いられる。そのほか,低い音域やその旋律を下音という分野があり,の音階音〈下(げ)〉を下音ということがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 低い音や声。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)二「調子低(てうしびく)に下音(ゲヲン)で、さながら悲しさふなる声色」
② 謡曲の音階の一つの音。上音、中音に対していう。下(げ)。〔わらんべ草(1660)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下音の関連情報