下音(読み)げおん

世界大百科事典 第2版「下音」の解説

げおん【下音】

仏教音楽講式や,《平家物語》を詞章とする平曲の旋律型の一つ。講式の音は,初重(しよじゆう)に続く比較的短い旋律型で,二重と同じような機能と曲調だが,音域が二重より低く,初重のそれにほぼ近いものをいう。二重の場合より使用頻度は小さい。平曲の下音は拾イ物において上音に前置され,上音とともに勇壮な場面に用いられる。そのほか,低い音域やその旋律を下音という分野があり,の音階音〈下(げ)〉を下音ということがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「下音」の解説

げ‐おん【下音】

〘名〙
① 低い音や声。
※浮世子・傾城禁短気(1711)二「調子低(てうしびく)に下音(ゲヲン)で、さながら悲しさふなる声色」
謡曲の音階の一つの音。上音、中音に対していう。下(げ)。〔わらんべ草(1660)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android