上田トシコ(読み)ウエダトシコ

デジタル大辞泉の解説

うえだ‐としこ〔うへだ‐〕【上田トシコ】

[1917~2008]漫画家。東京の生まれ。本名、俊子。明るく元気な少女を主人公にした「フイチンさん」で、満州(現中国東北地方)ハルビンの風景を生き生きと描いて高い評価を得る。他に「あこバアチャン」「ぼんこちゃん」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田トシコ うえだ-トシコ

1917-2008 昭和後期-平成時代の漫画家。
大正6年8月14日生まれ。松本かつぢに師事。昭和26年から「少女ブック」に「ぼくちゃん」を連載。「りぼん」連載の「ぼんこちゃん」,「少女クラブ」連載の「フイチンさん」で35年小学館漫画賞,「あこバアチャン」で平成元年日本漫画家協会賞優秀賞。15年日本漫画家協会賞文部科学大臣賞。平成20年3月7日死去。90歳。東京出身。頌栄高女(現頌栄女子学院)卒。本名は俊子。筆名ははじめとしこ,とし子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上田トシコの関連情報