コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田淇亭 うえだ きてい

1件 の用語解説(上田淇亭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田淇亭 うえだ-きてい

1814-1876 幕末-明治時代の儒者。
文化11年生まれ。家は代々農業をいとなむ。谷三山にまなび,慶応元年大和(奈良県)高取藩につかえる。明治3年藩校明倫館を創設した。明治9年12月6日死去。63歳。大和出身。名は忱(まこと),小成。字(あざな)は伯棐。通称は為右衛門。著作に「石上布留神社縁起」「神剣考」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上田淇亭の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎冒険小説秋月の乱スラブ音楽奈破崙竹垣直温エイズボル憲法ルイ[18世]ネパール戦争

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone