コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上遠野富之助 かどの とみのすけ

2件 の用語解説(上遠野富之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上遠野富之助 かどの-とみのすけ

1859-1928 明治-大正時代の経営者。
安政6年10月19日生まれ。「郵便報知新聞」の記者となり,奥田正香(まさか)にみとめられて明治26年名古屋商業会議所にはいる。副会頭をへて大正10年会頭に就任。この間名古屋鉄道社長,明治銀行・日本車輛製造の重役を兼任した。昭和3年5月26日死去。70歳。出羽(でわ)横手(秋田県)出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上遠野富之助

没年:昭和3.5.26(1928)
生年:安政6.10.19(1859.11.13)
明治大正期の実業家。出羽国(秋田県)生まれ。『秋田日報』の記者となり,のち上京して東京専門学校(早大)を卒業。『郵便報知新聞』の政治記者時代,奥田正香の知遇を得て明治26(1893)年名古屋におもむく。以後,奥田を補佐し,明治銀行,日本車輛製造,名古屋電力(東邦電力),名古屋瓦斯(東邦瓦斯)など同地の有力企業の設立に参画し,役員を兼任。奥田系資本グループの形成,発展において,奥田の補佐役的存在であった。42年より大正10(1921)年まで名古屋商業会議所の副会頭,続けて昭和2(1927)年まで会頭を務めた。<参考文献>杉浦英一『中京財界史』,林董一『名古屋商人史』,和田一夫小早川洋一・塩見治人「明治40年時点の中京財界における重役兼任」(『南山経営研究』6巻3号)

(小早川洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上遠野富之助の関連キーワード秋田半三池田孫一石井謹吾伊藤恭之助近江谷栄次狩野旭峰菅礼治奈良磐松本間金之助最上広胖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone