コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上遠野富之助 かどの とみのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上遠野富之助 かどの-とみのすけ

1859-1928 明治-大正時代の経営者。
安政6年10月19日生まれ。「郵便報知新聞」の記者となり,奥田正香(まさか)にみとめられて明治26年名古屋商業会議所にはいる。副会頭をへて大正10年会頭に就任。この間名古屋鉄道社長,明治銀行・日本車輛製造重役を兼任した。昭和3年5月26日死去。70歳。出羽(でわ)横手(秋田県)出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上遠野富之助

没年:昭和3.5.26(1928)
生年:安政6.10.19(1859.11.13)
明治大正期の実業家。出羽国(秋田県)生まれ。『秋田日報』の記者となり,のち上京して東京専門学校(早大)を卒業。『郵便報知新聞』の政治記者時代,奥田正香の知遇を得て明治26(1893)年名古屋におもむく。以後,奥田を補佐し,明治銀行,日本車輛製造,名古屋電力(東邦電力),名古屋瓦斯(東邦瓦斯)など同地の有力企業の設立に参画し,役員を兼任。奥田系資本グループの形成,発展において,奥田の補佐役的存在であった。42年より大正10(1921)年まで名古屋商業会議所の副会頭,続けて昭和2(1927)年まで会頭を務めた。<参考文献>杉浦英一『中京財界史』,林董一『名古屋商人史』,和田一夫・小早川洋一・塩見治人「明治40年時点の中京財界における重役兼任」(『南山経営研究』6巻3号)

(小早川洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

上遠野富之助の関連キーワード大正時代経営者

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android