コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上金 アゲキン

デジタル大辞泉の解説

あげ‐きん【上金】

江戸時代、幕府大名に上納された献金富豪層からの「御用金」に対して、一般庶民からの献金をいう。

じょう‐きん〔ジヤウ‐〕【上金】

純度の高い金。上質の金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

上金の関連キーワード事業所母集団データベースキャッシュ・レジスター影狩り ほえろ大砲わが命の唄 艶歌無頼より 大幹部四十七人の刺客昭和のいのち嵐来たり去る十三人の刺客自転車競技法雲霧仁左衛門栄光への挑戦正親町天皇池宮彰一郎嵐を呼ぶ男紅の流れ星江戸時代赤い迷路水上金属日本財団

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上金の関連情報