コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下げ墨む サゲスム

デジタル大辞泉の解説

さげ‐す・む【下げ墨む】

[動マ四]《名詞「下げ墨(すみ)」の動詞化》
墨縄を下げて、柱などの傾きを調べる。
「城の南北を―・み給うて」〈太閤記・一〇〉
おしはかる。思量する。
「人ヲ―・ム」〈日葡
「何にも余分をおきて―・むべきものなり」〈咄・醒睡笑・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さげすむ【下げ墨む】

( 動四 )
〔名詞「下げ墨」の動詞化〕
墨縄を下げて柱などの傾きを調べる。 「家ヲ-・ム/日葡」
計測する。 「何にも余分をおきて-・むべきものなり/咄本・醒睡笑」
推測する。 「人ヲ-・ム/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下げ墨むの関連キーワード下げ墨

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android