コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下保昭 かほ あきら

美術人名辞典の解説

下保昭

日本画家。昭和2年(1927)富山県生。西山翠嶂師事する。日展の中心作家として活躍していたが、昭和63年脱退し独自の活動を始める。社会的なモティーフを描いた初期の作品から、水墨が基調の幽玄の画趣深い山水画へと新境地を開く。日本芸術大賞・第一回美術文化振興協会賞・芸術選奨文部大臣賞受賞。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

下保昭【かほあきら】

日本画家。富山県生れ。砺波中学卒。1949年西山翠嶂に師事。1950年《港が見える》で日展入選。1962年日展会員(1988年退会)。近江八景連作で知られ,中国に取材して山水画を展開。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下保昭 かほ-あきら

1927- 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和2年3月3日生まれ。西山翠嶂(すいしょう)に師事。昭和25年日展に初入選,以後同展で活躍,42年「遥」で文部大臣賞,44年日展評議員。60年「水墨黄山」のシリーズで芸術選奨文部大臣賞。63年日展を脱退して無所属。平成3年京都市文化功労者。富山県出身。砺波(となみ)中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

下保昭の関連キーワード富山県水墨美術館山﨑隆夫川島睦郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下保昭の関連情報