コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下保昭 かほ あきら

3件 の用語解説(下保昭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

下保昭

日本画家。昭和2年(1927)富山県生。西山翠嶂に師事する。日展の中心作家として活躍していたが、昭和63年脱退し独自の活動を始める。社会的なモティーフを描いた初期の作品から、水墨が基調の幽玄の画趣深い山水画へと新境地を開く。日本芸術大賞・第一回美術文化振興協会賞・芸術選奨文部大臣賞受賞。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

下保昭【かほあきら】

日本画家。富山県生れ。砺波中学卒。1949年西山翠嶂に師事。1950年《港が見える》で日展入選。1962年日展会員(1988年退会)。近江八景の連作で知られ,中国に取材して山水画を展開。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下保昭 かほ-あきら

1927- 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和2年3月3日生まれ。西山翠嶂(すいしょう)に師事。昭和25年日展に初入選,以後同展で活躍,42年「遥」で文部大臣賞,44年日展評議員。60年「水墨黄山」のシリーズで芸術選奨文部大臣賞。63年日展を脱退して無所属。平成3年京都市文化功労者。富山県出身。砺波(となみ)中学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

下保昭の関連キーワード浜田昇児岩沢重夫山岸純石田武上田臥牛川端健生佐々木正子野崎貢山本知克

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下保昭の関連情報