下取(読み)さがりとり

精選版 日本国語大辞典の解説

さがり‐とり【下取】

〘名〙 売掛金を取りに行くこと。また、その人。掛取り
※雑俳・川柳評万句合‐安永元(1772)桜四「ごんぎゃうのおわる迄まつ下り取り」

した‐どり【下取】

〘名〙 業者が、商品の代金の一部として、購入した客から古くなった同種の品物を引き取ること。
※黒の試走車(1962)〈梶山季之〉一「ナゴヤ、不二の販売店が、下取り(トレード・イン)価格の協定違反をやっているという」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android