コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下取り したどり trade-in

翻訳|trade-in

4件 の用語解説(下取りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下取り
したどり
trade-in

販売業者,メーカーが新製品を販売する際に,顧客のもっている旧製品を買取ること。耐久消費財の販売,特に自動車家電製品ミシンなどの販売によく採用される。顧客の側からすると使用価値が残っている旧製品を売って新製品を買うことになり,販売側からは新製品の売上げ増進をはかるための手段である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

した‐どり【下取り】

[名](スル)商品の代金の一部に当てるものとして、購入した客から古くなった同種の品物を引き取ること。「車を下取りに出す」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

したどり【下取り】

( 名 ) スル
売買のとき、買い手がすでに所有している古い品を売り手が引き取って、その評価額だけ新品の代金を割り引くこと。 「車を-に出す」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下取り
したどり

中古品を一定額で買い取ること。メーカーや販売店が商品を売る場合、顧客が現にもっている同種の商品を買い取って、売った新品の価格からその代金を差し引く商的慣行をいう。家電製品や自動車などの耐久消費財の売買の際に、行われることがある。下取りの慣行はアメリカ自動車産業の発展とともに生まれ、中古車市場の活発化につれて盛んになった。日本では第二次世界大戦前に、自動車についてこの慣行があったが、戦後とくに経済の高度成長期に入ってからは、家電製品だけでなく、家具、カメラメンズスーツなど、さらには住宅などの不動産コンピュータのような製品にも及んでいる。
 下取りはもともと市場に買い換え需要をつくりだすための商法であったが、中古品市場の不活発な商品の場合には再利用には回されず一種の値引きとなっている。中古品市場の狭さや大形廃棄物の処理の困難などから、消費者もこの慣行に依存している面が大きいが、一方で省資源の見地から、この慣行の再検討を求める意見もある。[佐藤順子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下取りの関連キーワード肩当て鼻に当てる一山当てる身の代金胸当て推当てる掛代金振当てる掘当てる指を唇に当てる

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下取りの関連情報