コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下取り したどりtrade-in

翻訳|trade-in

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下取り
したどり
trade-in

販売業者,メーカーが新製品を販売する際に,顧客のもっている旧製品を買取ること。耐久消費財販売,特に自動車,家電製品,ミシンなどの販売によく採用される。顧客の側からすると使用価値が残っている旧製品を売って新製品を買うことになり,販売側からは新製品の売上げ増進をはかるための手段である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

した‐どり【下取り】

[名](スル)商品の代金の一部に当てるものとして、購入した客から古くなった同種の品物を引き取ること。「車を下取りに出す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したどり【下取り】

( 名 ) スル
売買のとき、買い手がすでに所有している古い品を売り手が引き取って、その評価額だけ新品の代金を割り引くこと。 「車を-に出す」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下取り
したどり

中古品を一定額で買い取ること。メーカーや販売店が商品を売る場合、顧客が現にもっている同種の商品を買い取って、売った新品の価格からその代金を差し引く商的慣行をいう。家電製品や自動車などの耐久消費財の売買の際に、行われることがある。取りの慣行はアメリカの自動車産業の発展とともに生まれ、中古車市場の活発化につれて盛んになった。日本では第二次世界大戦前に、自動車についてこの慣行があったが、戦後とくに経済の高度成長期に入ってからは、家電製品だけでなく、家具、カメラ、メンズスーツなど、さらには住宅などの不動産、コンピュータのような製品にも及んでいる。
 下取りはもともと市場に買い換え需要をつくりだすための商法であったが、中古品市場の不活発な商品の場合には再利用には回されず一種の値引きとなっている。中古品市場の狭さや大形廃棄物の処理の困難などから、消費者もこの慣行に依存している面が大きいが、一方で省資源の見地から、この慣行の再検討を求める意見もある。[佐藤順子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

下取りの関連キーワードシンガー(The Singer Company)残価設定型ローンアプルーブドカー一乗谷朝倉氏遺跡拡大生産者責任契約転換制度サンクコスト天下三分の計アローワンスセルドレス加藤貴博明智光秀シンガー転換制度評価額橘聖奈國立幸長濱慎下値布衣

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下取りの関連情報