コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下右田遺跡 しもみぎたいせき

1件 の用語解説(下右田遺跡の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

下右田遺跡

 右田から高井にかけて、佐波川岸の平野に広がる遺跡です。主に弥生時代から生活の場所として使われはじめ、その後、現在にいたるまで、続けて利用されていました。南北軸から約45度かたむいて、条里[じょうり]という土地区画がされていたことでも知られています。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下右田遺跡の関連キーワード越後平野クッチャロ湖筑紫平野豊橋平野掛けて蓬左栗東川岸佐波川関水右田村

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下右田遺跡の関連情報