コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下咽頭がん かいんとうがん Hypopharyngeal Cancer

1件 の用語解説(下咽頭がんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かいんとうがん【下咽頭がん Hypopharyngeal Cancer】

[どんな病気か]
 喉頭(こうとう)(「のどぼとけ」のあるくびの部分)のすぐ後ろの、食べ物通り道である下咽頭にできるがんで、最近、増加しています。大部分が50歳以降の発症で、男性が女性よりも約4倍多くなっています。頸部(けいぶ)リンパ節(せつ)への転移をおこしやすく、進行した状態で見つかることが多いものです。
[症状]
 最初は、のどのイガイガ感、異物感、閉塞感(へいそくかん)など、かぜと同じような症状です。ものを飲み込むときに「魚の骨が刺さったような」痛みをともなうことが多いものです。
 進行すると、嗄声(させい)(声がれ)、血(けっ)たん、耳への放散痛(耳に響く痛み)、食べ物の通過障害などがおこります。
 まれに、症状が頸部のリンパ節の腫(は)れだけのこともあります。
[原因]
 長年の過度の飲酒・喫煙による慢性刺激が原因とされています。下咽頭がんになった人の70%は、ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が600以上、サケ指数(日本酒に換算した1日飲酒合数×飲酒年数)が60以上です。
 そのほかに、鉄欠乏性貧血(「鉄欠乏性貧血」)も発症に関係するといわれています。
[検査と診断]
 内視鏡(ファイバースコープ)で見ればほとんどは診断できます。確定診断には、組織を一部採取して顕微鏡で調べる病理組織診が行なわれます。また、造影X線検査、CT、MRIなどでがんの広がりも検査します。
[治療]
 早期であれば、放射線治療で治すことが可能ですが、進行すると手術が必要となります。
 手術 ほとんどは、喉頭も一緒に取る拡大切除が必要となります。リンパ節も清掃(頸部郭清(けいぶかくせい))します。
 切除後は、腸管や皮膚を利用した咽頭再建術(いんとうさいけんじゅつ)を行ないますが、約2週間で口から食事をとることができるようになります。
 状況によっては、術後に放射線治療、化学療法を追加することがあります。
[予防]
 禁煙を守ることはもちろん、飲酒も適度にひかえるように心がけることが予防につながります。また、鉄欠乏性貧血も治療しておくほうがよいでしょう。
 かぜとよく似た症状が、1か月以上も続くようなら、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)を受診しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

下咽頭がんの関連キーワード喉頭喉頭炎喉頭音喉頭蓋喉頭鏡喉頭カタル喉頭結核何心地喉頭蓋軟骨喉頭結節

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下咽頭がんの関連情報