コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下回り シタマワリ

デジタル大辞泉の解説

した‐まわり〔‐まはり〕【下回り】

下働き」に同じ。「商家の下回りに雇われる」
歌舞伎などで、地位の低い端役を演じる役者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したまわり【下回り】

下働したばたらき 」に同じ。 「 -の作業者」
歌舞伎などの芝居で、下級の役者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の下回りの言及

【歌舞伎】より

…江戸時代には立役専用で,奥から座頭,立者の楽屋が並ぶ。手前の板の間の大部屋は下回りが使っていたことから,下回り役者を〈三階さん〉と呼ぶようになった。この大部屋は,楽屋内の儀式のほか,本読みや稽古などにも用いられた。…

※「下回り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下回りの関連情報