コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下塗り したぬりUntermalung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下塗り
したぬり
Untermalung

絵画技法の一つ。完成画面において意図する効果を得るために,予備的に塗られた絵具の層。テンペラ画では緑の単色によって明暗をまず描き,この上に他の色彩を施した。油絵の場合でも,19世紀なかばまでは,モノクロームの下塗りをするのが普通で,ときに下塗りにテンペラを用いた。現在でも絵具の発色をよくするため,特別の質感を得るためなどの目的で下塗りをする。水彩絵具などの透明絵具では,特に重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

下塗りの関連キーワード荒塗り・粗塗り・荒塗・粗塗金虫食い塗り・金虫食い塗さび(錆/銹)止め塗料ウォッシュプライマーポリビニルブチラールガラス・モザイクシェラックワニスファンデーション溜め塗り・溜め塗上塗り・上塗地塗り・地塗グァッシュスタンド油プラスタープリマがき化粧板印刷ペトロール金虫食い塗左官工事水性塗料

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下塗りの関連情報