コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下塗り したぬり Untermalung

1件 の用語解説(下塗りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下塗り
したぬり
Untermalung

絵画技法の一つ。完成画面において意図する効果を得るために,予備的に塗られた絵具の層。テンペラ画では緑の単色によって明暗をまず描き,この上に他の色彩を施した。油絵の場合でも,19世紀なかばまでは,モノクローム下塗りをするのが普通で,ときに下塗りにテンペラを用いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下塗りの関連キーワード絵画統覚法パピエ・コレ技法画技画譜立画面全画面表示渲染法作絵メゾティント

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下塗りの関連情報