下掛宝生流(読み)シモガカリホウショウリュウ

大辞林 第三版の解説

しもがかりほうしょうりゅう【下掛宝生流】

能楽ワキ方の流派。シテ方宝生流に対しワキ宝生ともいう。江戸時代、ワキ方春藤流より派生してシテ方宝生流の座付きとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しもがかり‐ほうしょうりゅう ‥ホウシャウリウ【下掛宝生流】

〘名〙 のワキ方三流(もとは五流)の一つ。江戸中期、下掛の金春座付ワキ方春藤流から別れて、宝生座付となった一流をいう。上掛のシテ方宝生流と区別するために用いられる呼称。下宝生。脇宝生。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android