コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下掛(か)り シモガカリ

デジタル大辞泉の解説

しも‐がかり【下掛(か)り】

話がしもがかっていること。また、その話。
能のシテ方五流のうち、金春(こんぱる)・金剛、のちに喜多を加えた三流の称。当初、上掛かりの京都に対し、奈良に本拠を置いたからともいう。大和掛かり。→上掛かり

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

下掛り【しもがかり】

〈下懸り〉とも書く。能楽用語。シテ方の五流のうち上掛り2流(観世流宝生流(ほうしょう))に対し,金春流(こんぱる)・金剛流喜多流の3流をいい,それぞれ芸統が近い。
→関連項目上掛り

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の下掛(か)りの言及

【能】より

…現在では流派の組合せにはまったく制約がない。シテ方5流のうち,観世,宝生2流は芸系が近く,能本の詞章や謡の曲節に共通点が多いので,〈上掛り(かみがかり)〉と総称され,同様に金春,金剛,喜多3流は〈下掛り(しもがかり)〉と総称される。ワキ方では進藤(廃絶)・福王2流が上掛り,春藤(廃絶)・宝生・高安(たかやす)(高安流)の3流が下掛りに属するので,ワキ方宝生流をとくに下掛り宝生流と称することがある。…

※「下掛(か)り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下掛(か)りの関連キーワード松本謙三能役者宝生新千歳ワキ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android