五流(読み)ゴリュウ

百科事典マイペディアの解説

五流【ごりゅう】

能楽シテ方の五つの流派。南北朝以来の観世流宝生(ほうしょう)流金春(こんぱる)流金剛流と,江戸初期以来の喜多流をさす。江戸時代には武家式楽として幕府に直属し,四座一流と呼ばれた。1921年観世流から分かれて梅若流が独立したが,1954年観世流に復帰。
→関連項目葵上蘆刈安宅井筒姨捨景清通小町砧(能)清経鞍馬天狗(能)黒川能黒塚幸祥光小督シテ自然居士石橋俊寛隅田川蝉丸卒都婆小町高砂竹生島土蜘/土蜘蛛(演劇)鶴亀道成寺野宮羽衣鉢木船弁慶松風紅葉狩八島山姥熊野

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ごりゅう【五流】

能楽で、観世かんぜ・宝生ほうしよう・金春こんぱる・金剛こんごう・喜多の五つの流派。能楽五流。

ごる【五流】

古代、律に定められた五種の流刑。加役流・反逆縁坐流・子孫犯過失流・不孝流・会赦猶流のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐りゅう ‥リウ【五流】

〘名〙
① 能楽のシテ方の五つの流派の総称。室町時代に創立された、観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金春(こんぱる)、金剛(こんごう)の四座に、江戸初期におこった喜多(きた)流を合わせたもの。能楽五流。四座一流(しざいちりゅう)

ご‐る【五流】

〘名〙 (「る」は「流」の呉音) に定められた五種類の流刑加役流・反逆縁坐流・子孫犯過失流・不孝流・会赦猶流の五種をいう。〔律(718)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五流の関連情報