コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下書 ゲショ

デジタル大辞泉の解説

げ‐しょ【下書】

したがき。案文草稿

した‐がき【下書(き)】

[名](スル)
清書の前に練習のためにかいてみること。また、そのかいたもの。
一応かき上げてはあるが、まだ多少手を加える必要のある文章。草稿。「下書きに手を入れる」
(「下描き」とも書く)絵をかくときに、あらかじめおおよその輪郭をかくこと。ラフスケッチの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げしょ【下書】

したがき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下書の関連キーワード尽く書を信ずれば則ち書無きに如かずおやっと!消えるペン打っ付け書き北大路魯山人ORGAI打っ付け書ギュツラフトレーサー広田精知服部南郭ドラフト屏風土代打付け書屛風土代大江朝綱鉛筆画版下本下書き草する下原稿

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android