下書(読み)シタガキ

デジタル大辞泉「下書」の解説

した‐がき【下書(き)】

[名](スル)
清書の前に練習のためにかいてみること。また、そのかいたもの。
一応かき上げてはあるが、まだ多少手を加える必要のある文章。草稿。「下書きに手を入れる」
(「下描き」とも書く)絵をかくときに、あらかじめおおよその輪郭をかくこと。ラフスケッチの類。
[類語]原稿草案草稿文案稿歌稿下図画稿

げ‐しょ【下書】

したがき。案文。草稿。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「下書」の解説

げ‐しょ【下書】

〘名〙 清書の前にあらかじめ書き記したもの。下書き。案文。草案。
※雑俳・柳多留‐六八(1815)「久離帳下書は親仁のふるへ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android