文案(読み)ぶんあん

精選版 日本国語大辞典「文案」の解説

ぶん‐あん【文案】

〘名〙
① 文と。実際に用いられて効力を発揮する文書と、そのしたがきやひかえ。
※続日本紀‐和銅七年(714)四月壬午「諸国租倉、大小並所積数、比挍文案、無錯失、〈略〉一定之後、勿文案
② (━する) かきもののしたがきをすること。文書の草案。また、文章の構想、腹案
※仮名子・身の鏡(1659)中「文案(ブンアン)して誓紙をせよといふ主人も」 〔陸機‐答張士然
③ つくえ。几案。
※今昔(1120頃か)一三「文案に向ひ札を勘へて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「文案」の解説

【文案】ぶんあん

下書き。草稿。晋・陸機〔張士然(悛)に答ふ〕詩 案を(をさ)め 、瞑(ねむ)るに遑(いとま)あらず

字通「文」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android