文案(読み)ブンアン

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐あん【文案】

文章の下書き。草案。また、文章の構想。「文案を練る」
机。几案。
「―に向ひ札を勘へて」〈今昔・一三・三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんあん【文案】

文書の下書き。 「 -を練る」
つくえ。文机ふづくえ。几案。 「六時に-に坐せり/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶん‐あん【文案】

〘名〙
① 文と案。実際に用いられて効力を発揮する文書と、そのしたがきやひかえ。
※続日本紀‐和銅七年(714)四月壬午「諸国租倉、大小並所積数、比挍文案、無錯失、〈略〉一定之後、勿文案
② (━する) かきもののしたがきをすること。文書の案。また、文章の構想、腹案。
仮名草子・身の鏡(1659)中「文案(ブンアン)して誓紙をせよといふ主人も」 〔陸機‐答張士然詩〕
③ つくえ。几案。
※今昔(1120頃か)一三「文案に向ひ札を勘へて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

文案の関連情報