コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村御鍬 しもむら みくわ

1件 の用語解説(下村御鍬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村御鍬 しもむら-みくわ

1843-1919 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)14年5月26日生まれ。米良東嶠(めら-とうきょう)にまなぶ。慶応4年萩(はぎ)藩の庇護をうけていた佐田五郎作らと豊前(ぶぜん)御許(おもと)山に討幕の兵をあげたが,抜けがけとみなされ萩藩の報国隊に鎮圧される。維新後は内務省に出仕し,のち大分中学教師。大正8年12月24日死去。77歳。豊前宇佐郡(大分県)出身。本姓は木下。通称は次郎太。号は牧山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

下村御鍬の関連キーワード尊攘伊藤惣兵衛勝野森之介上岡胆治川勝寛治田中楠之助田中長九郎藤崎八郎三間半二安岡勘馬