コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米良東嶠 めら とうきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米良東嶠 めら-とうきょう

1811-1871 江戸時代後期の儒者。
文化8年9月4日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)日出(ひじ)藩士。帆足万里(ほあし-ばんり)に師事し,帆門十哲のひとり。藩校致道館督学となり,のち家老にのぼった。明治4年3月2日死去。61歳。名は倉。字(あざな)は子庾。通称は倉次郎。著作に「孫子纂註(さんちゅう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

米良東嶠の関連キーワード廃藩置県坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記新教育高田藩北海道開拓岡藩

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone