コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米良東嶠 めら とうきょう

1件 の用語解説(米良東嶠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米良東嶠 めら-とうきょう

1811-1871 江戸時代後期の儒者。
文化8年9月4日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)日出(ひじ)藩士。帆足万里(ほあし-ばんり)に師事し,帆門十哲のひとり。藩校致道館督学となり,のち家老にのぼった。明治4年3月2日死去。61歳。名は倉。字(あざな)は子庾。通称は倉次郎。著作に「孫子纂註(さんちゅう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

米良東嶠の関連キーワード新井静斎新井稲亭伊藤板渓五井鶴城佐々木柳庵佐藤東斎菅新菴高妻芳洲門司東里森岡参樹

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone