コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村悦夫 しもむら えつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村悦夫 しもむら-えつお

1894-1945 明治-昭和時代前期の小説家,歌人。
明治27年2月16日生まれ。郷里の和歌山県新宮で佐藤春夫とまじわる。明治43年上京し,与謝野晶子,北原白秋らに短歌をまなぶ。のち小説を手がけ,「悲願千人斬」などの伝奇小説を発表した。昭和20年12月12日死去。52歳。本名は悦雄。号は紅霞筆名はほかに紀潮雀(きの-ちょうじゃく)。歌集に「熊野うた」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下村悦夫の関連キーワード下村 悦夫小説家歌人

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android