コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下版 げはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下版
げはん

活版印刷における作業の工程で,校正が終った活字組版を紙型取りに回すこと。場合により紙型取り作業を含めていうこともある。下版すると文字の訂正などは原則としてできなくなるから,印刷の締切りともいえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げ‐はん【下版】

[名](スル)印刷で、校了になった組み版を、次の工程である製版・印刷などに移すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げはん【下版】

( 名 ) スル
印刷で、校了になった組版を印刷または紙型どりの工程に移すこと。降版。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下版の関連キーワード林 少華下ろす降版

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android