製版(読み)セイハン

  • 製版 process

百科事典マイペディアの解説

印刷用の版を製作すること。手工的方法と,機械または写真・電子技術を利用する方法とがあり,前者には手組みの活版活版印刷),石版,彫刻凹版などがあるが,現代の印刷はほとんど後者による。自動鋳植機写真植字写真製版電子製版の利用などその機械化は著しい。また近年,普及のめざましいDTPでも,製版を製作するケースが増えてきている。
→関連項目プロセス平版

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

印刷に用いる版を製作すること。インキジェット印刷のように版を用いない方法も開発されているが,現在の印刷は,まず原稿から版を作り,これにインキをつけて,,あるいは他の物体に押しつけて原稿と同じ模様をうつすという方式がほとんどである。版があるために印刷作業において機械的な圧力をあたえる必要が起こり,印刷速度も非常に制約されるという点はあるものの,版はじょうぶで何十万部の印刷にも耐え,保存ができ再度の印刷もでき,比較的安価であるという利点もち,当分の間,その存在価値はあるものと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 印刷をするための版面をつくること。写真版・銅版・石版などの版をつくったり、活字を組んだりすること。また、その版面。整版。
※日本‐明治三八年(1905)一二月二七日「製版に多くの労力を要するばかりか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

製版の関連情報