下郷伝芳(読み)しもさと でんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下郷伝芳 しもさと-でんぽう

1762-1819 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦12年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)鳴海の人。下郷学海の養子。一族の金剛家からはいり,酒造業の千代倉をつぐ。学海の遺志をついで伊藤信徳編「七百五十韻」,松尾芭蕉(ばしょう)編「俳諧次韻」を復刻。一族の春の句を「常棣(にわのうめ)」にあつめた。文政2年7月2日死去。58歳。名は景雄。通称は勘右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android