コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下郷学海 しもさと がっかい

1件 の用語解説(下郷学海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下郷学海 しもさと-がっかい

1742-1790 江戸時代中期の俳人。
寛保(かんぽう)2年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)鳴海の人。下郷亀世(きせい)の4男。下郷常和の養子となり,酒造業の千代倉をつぐ。俳諧(はいかい)を横井也有(やゆう)に,儒学を宮崎筠圃(いんぽ)にまなぶ。建部綾足(たけべ-あやたり)や池大雅(いけの-たいが)らとまじわった。寛政2年8月2日死去。49歳。名は寛。字(あざな)は君栗。別号に莓苔園,楽山。著作に「詞草小苑」「伊良虞(いらこ)紀行」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下郷学海の関連キーワード白河藩伊達重村ヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフセルシウス度助産所

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone