下野しぼり(読み)しもつけしぼり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

下野しぼり[紙工芸・和紙]
しもつけしぼり

関東地方、栃木県の地域ブランド。
小山市で製作されている。奈良時代弓削道鏡によって下野国に伝えられたとされる。柿渋をほどこした和紙型紙を使ってつくる。手仕事によって生まれるしぼり目は、布のような手触りで、色褪せず丈夫。現在では、人形だけでなく美術工芸の素材としても使われている。栃木県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

下野(しもつけ)しぼり

栃木県小山市に伝わる和紙の加工技術。和紙にしぼり加工を施し、丈夫でやわらかい布のような風合に仕上げる。奈良時代に弓削道鏡(ゆげのどうきょう)により技術が伝えられたとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android