下野しぼり(読み)しもつけしぼり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

下野しぼり[紙工芸・和紙]
しもつけしぼり

関東地方、栃木県の地域ブランド。
小山市で製作されている。奈良時代弓削道鏡によって下野国に伝えられたとされる。柿渋をほどこした和紙型紙を使ってつくる。手仕事によって生まれるしぼり目は、布のような手触りで、色褪せず丈夫。現在では、人形だけでなく美術工芸の素材としても使われている。栃木県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

下野(しもつけ)しぼり

栃木県小山市に伝わる和紙の加工技術。和紙にしぼり加工を施し、丈夫でやわらかい布のような風合に仕上げる。奈良時代に弓削道鏡(ゆげのどうきょう)により技術が伝えられたとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android