コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山市 おやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小山〔市〕
おやま

栃木県南部,下野平野にある市。 1954年小山町と大谷 (おおや) 村が合体して市制。 63年に美田 (みた) 村,間々田 (ままだ) 町,さらに 65年桑絹 (くわきぬ) 町を編入。 12世紀中頃,中心市街地の小山は小山政光が祇園城を築いたといわれ,城下町として発達。天正 18 (1590) 年の廃城後は,日光街道の宿場町,近在農村の市場町,思川水運の河港 (乙女河岸) として繁栄。明治以降,東北本線水戸線両毛線,国道4号線,50号線などが交差し,交通の要衝に位置したため,県南有数の商工業都市に成長。第2次世界大戦前から発達していた製粉,製糸,製菓業に加え,戦後は金属,電気機械,通信機工業などが進出。市北東部の農村 (旧桑村,絹村) でつくられる結城紬 (ゆうきつむぎ) の製織法は重要無形文化財。史跡の琵琶塚古墳摩利支天 (まりしてん) 塚古墳,小山氏城跡などがある。東北新幹線が通る。面積 171.76km2。人口 16万6760(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おやま‐し〔をやま‐〕【小山市】

小山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

小山市の関連キーワード栃木県小山市雨ケ谷新田栃木県小山市向原新田栃木県小山市東間々田栃木県小山市延島新田栃木県小山市横倉新田栃木県小山市上国府塚栃木県小山市美しが丘栃木県小山市南半田栃木県小山市南小林栃木県小山市南和泉栃木県小山市間々田栃木県小山市駅南町栃木県小山市稲葉郷栃木県小山市天神町栃木県小山市雨ケ谷栃木県小山市若木町栃木県小山市西黒田栃木県小山市八幡町栃木県小山市中河原栃木県小山市石ノ上

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小山市の関連情報