コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不召寨遺跡 ふしょうさいいせき Bu-zhao-zhai

2件 の用語解説(不召寨遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不召寨遺跡
ふしょうさいいせき
Bu-zhao-zhai

中国河南省メン池県不召寨村にある新石器時代遺跡。 1921年に J.アンダーソンらによって調査され,さらに 51年には夏 鼐 (かだい) らによって発掘が行われた。厚さ1~2mの竜山文化に属する文化層が発見され,黒陶の皿,鉢,壺,灰陶の甕,鬲,鼎,甑などの土器,石斧,石包丁,石鏃,骨針,紡錘車などが出土している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不召寨遺跡
ふしょうさいいせき

中国、河南省(めんち)県不召寨にある新石器時代竜山文化の遺跡。仰韶(ぎょうしょう)遺跡の西6キロメートルに位置し、1921年スウェーデンのアンダーソン、1951年夏(かだい)ら、1962年方酉生(ほうゆうせい)らが調査した。不召寨村落の周辺の地層断面には白灰面(住居址(し))だけでなく袋状の竪穴(たてあな)と厚さ2~3メートルの文化層が露出している。土器は黒陶、縄蓆(じょうせき)文を巡らす粗質灰陶(かいとう)の鬲(れき)で、紅陶(こうとう)はあるが彩陶はまったく出ておらず、河南竜山文化の特徴を示している。ほかに石斧(せきふ)、石包丁、石環(せきかん)、骨針(こっしん)、骨錐(こつすい)、貝包丁などが出土している。[横田禎昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不召寨遺跡の関連キーワード仰韶遺跡新石器時代中石器時代巨石文化新石器中州スカラブラエ姜寨遺跡不招寨遺跡新石器時代汀線

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone