コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒陶 こくとう Hei-tao

6件 の用語解説(黒陶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒陶
こくとう
Hei-tao

中国,先史土器の一種。彩陶に次いで出現する。当初,山東省竜山鎮城子崖遺跡から発見されたので,この土器によって代表される文化を竜山文化という。黒陶は胎土精良,内外面とも黒色を呈し,表面は研磨され,かつ,轆轤 (ろくろ) 使用の痕跡がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こく‐とう〔‐タウ〕【黒陶】

中国新石器時代竜山文化期に盛行した黒色土器。ろくろで成形し、表面を研磨して光沢を出したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黒陶【こくとう】

中国の新石器時代の黒色土器。彩陶に続いて出現する。黒陶を出土する典型的な遺跡には山東省歴城県竜山鎮城子崖遺跡と日照県両城鎮遺跡など竜山文化の遺跡が多く,黒陶文化は竜山文化の代名詞にもなっている。
→関連項目仰韶遺跡屈家嶺遺跡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくとう【黒陶 hēi táo】

中国考古学で土器を区別する用語。広義には土器の表面が黒色を呈するものの総称で,新石器時代の各時代にある。狭義には炭素を吸着させた黒色の土器をさし,主として,ろくろによってつくる竜山文化の黒陶をいう。かつて,中原地方の仰韶文化を代表する彩陶に対して,山東地方の竜山文化を代表する黒陶という認識から竜山文化を黒陶文化とよんだこともある。しかし,竜山文化の内容が各地で異なり,必ずしも黒陶が中心にならない地域もあることから現在では黒陶文化とはいわない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくとう【黒陶】

中国の黄河下流域を中心に分布する新石器時代の、光沢のある薄手黒色の磨き土器。時代的には彩陶さいとうにつぐ。 → 灰陶かいとう彩陶竜山りゆうざん文化

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒陶
こくとう

中国、新石器時代晩期の竜山(りゅうざん)文化期に盛行した黒色土器。新石器時代における土器の主体は、仰韶(ぎょうしょう)文化期の末から、続く竜山文化期にかけて、酸化炎焼成の紅色系土器(紅陶)から還元炎焼成の灰色系土器(灰陶)へと変化した。黒陶は、広くは灰色系土器に属し、土器焼成の最終段階において、いぶしなどの方法により、土器を強い還元状態に置き、炭素粒子を器面に沈着させて黒色化の処理を行ったものである。単に黒色の土器は中国に広く分布するが、典型的ないわゆる黒陶は、東方の黄河、揚子江(ようすこう)下流地方で生まれ発達したもので、同地方の竜山系文化を特徴づけている。その成形法はろくろびきが主で、胎土は緻密(ちみつ)な泥質である。土器の表面は磨研された無文のものが多く、弦文、へら書き文などもみられる。器種は、高坏(こうはい)、杯、鉢などの盛器・飲器が中心で、煮炊器は少ない。このうち、山東竜山文化に流行した、薄手づくりの器壁から卵殻陶とよばれる漆黒色の磨研土器は、その技術的にもっとも熟達した精美な作品である。[西江清高]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒陶の言及

【土器】より

…ただし不完全燃焼の状況が生じると,くすんだ色に仕上がる。焼成の最終段階に意図的にくすぶらせたり(中国の新石器時代竜山文化の黒陶),焼成直後の土器を籾殻の山に埋めたり板の上に伏せたりすると,炭素やタールの粒子が小さな孔を満たし,黒く緻密な土器に仕上がる。 焼成の初段階に酸素を十分に供給し,途中でこれを断つと,一酸化炭素の多い炎(還元炎)となり,製品は灰色に仕上がる。…

【明器】より

…それには実際の器物が視覚的に表現されており,人や禽獣の形をかたどった俑(動物を土でかたどったものを泥像ともいう)あるいは壁画,画像石などとともに,往時の生活風俗を知るうえで貴重な資料になっている。 新石器時代後期の竜山文化に属する墓から,一般の陶器とは異なった特殊な形をとる黒陶が多数発見される。埋葬用につくられた可能性が強いが,実用器とはっきりと区別することはできない。…

【竜山文化】より

…中国,黄河中下流域の新石器時代後半期の文化。初め,山東省歴城県竜山鎮城子崖の発掘によって得た黒陶を特徴とする文化とされたが,新中国建設後の黄河中流の調査によって2系統の竜山文化があることがわかり,以後山東省のそれは山東竜山文化,または典型竜山文化と称されるようになった。 黄河中流の竜山文化は陝西,河南,山西南部,河北南部,安徽北西部に広がり,仰韶(ぎようしよう)文化より興ったものである。…

※「黒陶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒陶の関連キーワードヒルト禹域大唐中国民俗文化村中国の大学教育中国の死刑《中国の赤い星》《中国の歌ごえ》中国の会《中国の孤児》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒陶の関連情報