コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不変化詞 ふへんかしindeclinable; particle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不変化詞
ふへんかし
indeclinable; particle

インド=ヨーロッパ語族の諸言語の文法で古典時代以来伝統的に用いられてきた用語。広い意味では,格による曲用をしない品詞ということであるが,普通は動詞を除き,副詞接続詞前置詞間投詞の総称として用いられる。これらは,副詞のなかに比較級,最上級をもつものがある以外,語形替変せず,多くは語形も短い。アクセントを失ったり母音脱落したりすることがあるなど,音声的にも共通点がみられる。国文法で,学者により,副詞,連体詞,接続詞,感動詞をまとめて副用語と呼ぶことがあるが,同様の考え方である。なお particleの訳語とし「小詞」も用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

不変化詞の関連キーワード倉石 五郎助詞

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android