不正競争(読み)ふせいきょうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不正競争
ふせいきょうそう

不正な方法によって同業者利益を害する営業上の競争。商法における商号の保護 (19条,20条1,2項) や競業禁止 (25条) などは不正競争を防止するものである。また,不正競争防止法は,混同行為,詐称行為,不実の広告,営業の中傷などをする者があるとき,そのために営業上の利益を害せられるおそれのある者は,その行為の差止めを請求できる旨を規定している (1条,損害賠償の請求は1条の2) 。一般に,不正競争は,弱小企業が大企業の信用を害する形でみられるが,逆に,大企業がその力や地位を利して不公正な取引方法によって,独占を助長するような競争方法をとる場合に対しては独占禁止法の規制がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふせいきょうそう【不正競争】

不正な手段・方法により他人の利益を害する営業上の競争。法律に違反する行為のみならず、商慣習・商業道徳に反する行為および不当な取引も含まれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不正競争の関連情報