与謝野 鉄幹(読み)ヨサノ テッカン

20世紀日本人名事典の解説

与謝野 鉄幹
ヨサノ テッカン

明治〜昭和期の詩人,歌人



生年
明治6年2月26日(1873年)

没年
昭和10(1935)年3月26日

出生地
京都府岡崎村

本名
与謝野 寛(ヨサノ ヒロシ)

経歴
幼少時、西本願寺派の僧であった父礼厳や兄から古典文学を学ぶ。明治22年得度し、徳山女学校の教師になる。25年上京して落合直文に師事し、26年浅香社を結成。27年「亡国の音」によって伝統和歌を否定して新派和歌を提唱。28年政治的夢想を抱いて渡韓する。29年詩歌集「東西南北」、30年「天地玄黄」を刊行。32年東京新詩社を結成し、33年「明星」を創刊、同誌主筆として詩歌による浪漫主義運動展開の中心となる。34年「鉄幹子」「」を刊行、同年鳳晶子と結婚。鉄幹の門から晶子をはじめ、窪田空穂、吉井勇、啄木、白秋など多くの俊英を輩出した。43年歌集「相聞」を刊行し、44年からパリに長期滞在する。大正8年から昭和7年まで慶大教授、また大正10年から昭和5年まで晶子と共に文化学院の教壇にたつ。大正11年から「日本語源考」にとりくみ、他の著書に「満蒙遊記」、訳詩集「リラの花」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

与謝野 鉄幹 (よさの てっかん)

生年月日:1873年2月26日
明治時代-昭和時代の歌人
1935年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与謝野 鉄幹の関連情報