コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界の活火山 せかいのかっかざん/せかいのかつかざん the world's active volcanoes

1件 の用語解説(世界の活火山の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

世界の活火山

世界には800以上の活火山がある。比較的最近の噴火活動で、話題になる火山を挙げる。フィリピンピナツボ山は1991年の大噴火で6立方キロものマグマを噴出し、噴煙は35kmの高さに達して円盤状に広がった。事前に噴火の発生が警告され、適切な避難行動がとられたため、噴火の規模の割には被害が少なかった。コロンビアネバドデルルイス火山では、85年の噴火で発生した融雪泥流アルメロ市を襲い、約2万5000人の死者が出た。米国北西部のセントヘレンズ山は80年に山体崩壊を起こし、直後の激しい爆発で衝撃波が発生し、半径30kmもの範囲で樹木をなぎ倒した。イタリアエトナ山ハワイ島アイスランドインド洋レユニオン島などのホットスポット火山も、主に溶岩流を噴出する噴火を高頻度で繰り返している。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の活火山の関連キーワード阿蘇山火山ガス三原山焼岳火山観測活火山休火山単式火山複合火山コトパクシ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界の活火山の関連情報