コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界エイズデー

デジタル大辞泉プラスの解説

世界エイズデー

12月1日。1988年に世界保健機関(WHO)が制定。エイズ蔓延防止、患者・感染者に対する差別と偏見の解消を目指し、エイズへの正しい認識と理解を呼びかける啓発活動を行う。英語表記は《World AIDS Day》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世界エイズデー
せかいえいずでー
World AIDS Day

12月1日。エイズに関する正しい知識を広めるための日。世界保健機関(WHO)が世界レベルでのエイズの蔓延(まんえん)を防止し、患者と感染者に対する差別や偏見をなくすことを目的に、1988年に制定した。この日は趣旨に賛同した国々でキャンペーンが展開されている。
 2014年12月時点で、世界のHIV陽性者は約3400万人と推定されている。世界エイズデーが定められた当時は、HIV感染者のほとんどがエイズを発症し、死に至るという認識が広まっていた。しかし、今日では抗レトロウイルス療法で治療を続ければ、エイズが発症しても一般の人と変わらない寿命を全うできる事例が広く周知されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界エイズデーの関連キーワードAct Against AIDS コンサート性の健康週間レッドリボン12月1日蒼井そら

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界エイズデーの関連情報