コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界ラリー選手権 せかいラリーせんしゅけんWorld Rally Championship; WRC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界ラリー選手権
せかいラリーせんしゅけん
World Rally Championship; WRC

国際自動車連盟 FIAが統轄する自動車ラリーの世界選手権。1973年にマニュファクチャラー(製造者)の選手権として始まり,1979年にドライバー部門が加わった。スペシャルステージ SSと呼ばれる一般の通行を遮断したコースでタイムアタックし,SSの合計タイムが短い順に順位がつけられる。SSは公道だけではなく,林道,雪面などさまざまな路面で実施される。WRCマシンは 1997年から導入され,年間 2万5000台以上生産される市販乗用車を改造したワールドラリーカー(WRカー)が中心的な存在。ほかに,2500台以上生産される市販乗用車を元にしたグループAと改造が大幅に制限されているグループNがある。1600ccクラスのマシンで行なわれるジュニア世界ラリー選手権やグループNのマシンによるプロダクションカー世界ラリー選手権がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

世界ラリー選手権

FIA(国際自動車連盟)が主催し、世界各国で十数戦開催されるシリーズ。コースは一般公道を使うため、開催地によって舗装道路や未舗装道路、凍結した道路と多彩。サーキット・レースと並ぶモータースポーツ双璧であるラリーの、世界最高峰のシリーズ。1973年から開催されているが、ドライバーの事故死をきっかけに、87年からは5000台の生産を必要とする量産車による選手権となった。四輪駆動車が主流だが、市販車に近い車種のため、各国メーカーがファクトリーチームを送り込む大規模なシリーズになっている。各試合ごとの成績でドライバーズポイントと、車両を製造した自動車メーカーにマニュファクチャラーズポイントが与えられ、シリーズチャンピオンを争う。2004年にはレギュレーションも大幅に変更され、メキシコと日本(帯広)開催(第11戦「ラリー・ジャパン」)が加わり年間16戦へ拡大した。

(折山淑美 スポーツライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

世界ラリー選手権の関連キーワードマークス グロンホルムセバスチャン ローブペター ソルベルグキミ ライコネンコリン マクレーミカエル パークWRC plusサファリ・ラリーシトロエンC4レーシングカーストラトス篠塚建次郎APRCデルタクサラ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世界ラリー選手権の関連情報