世界先住民族評議会(読み)せかいせんじゅうみんぞくひょうぎかい

百科事典マイペディアの解説

世界先住民族評議会【せかいせんじゅうみんぞくひょうぎかい】

英語でWorld Council of Indigenous Peoplesといい,略称WCIP。フランス語でConsejo Mundial de Pueblos Indigenas。1975年にカナダのポート・アルバーニで設立された先住民族の国際組織。先住民族に対する虐殺(ジェノサイド)や民族根絶(エスノサイド)政策の撤廃,民族差別主義への反対,先住民族の権利回復などを目的とする。創設者は,カナダのシュスワップ族のジョージ・マニュエル。北米の先住民族の他,中南米や北欧,オーストラリアにも参加組織が広がっている。1984年のパナマ総会で採択した〈原則宣言〉が国連の先住民族の人権基準設定に影響を与えるなど,その活動は国際的に高く評価されている。本部はオタワ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android