コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界貿易の現在 せかいぼうえきのげんざい

1件 の用語解説(世界貿易の現在の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

世界貿易の現在

WTO(世界貿易機関)によれば2005年の世界貿易額(輸出)は初めて10兆ドルを超えた。数量ベースの前年比伸び率は04年の9%増より低い6%増だったが、原油を始め一次産品価格の高騰で輸出価格は7%上昇した。国別輸出国のトップは3年連続でドイツで、輸入及び輸出の総額では米国が引き続き世界最大である。 また、産油国である中東、ロシアアフリカの輸出額増加が顕著で、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の世界貿易に占めるシェアも12%に拡大するなど、発展途上国の躍進が目立っている。特に、中国の貿易拡大は目覚ましく05年には輸出・輸入額共に世界第3位となり、貿易総額でも日本を抜いた。貿易黒字は1000億ドルを上回り、対米黒字もさらに増加して2000億ドル超となった。 05年度の日本の所得収支黒字は初めて貿易黒字を上回った。貿易黒字が縮小したこともあるが、近年の海外投資収益(ネット)の増加傾向が一層高まったことで、製造業を中心とした貿易立国を補完する「投資立国」要素の成長が見える。また、日本経済の回復が進むなかで「新・日本輸出商品」が台頭している。デジタル家電では薄型テレビ液晶パネルの大増産、デジタルカメラでは薄型複合化や一眼レフ化、乗用車ではハイブリッド車需要の活況、ステンレス鋼板や油井管など高級鋼材へのシフト炭素繊維複合材料航空機や電子機器向け供給など、量と質両面で企業の海外展開が活発である。

(松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界貿易の現在の関連キーワードTNCWCOWTO協定TRIPS新ラウンド世界貿易機関(WTO:World Trade Organization)ガット(GATT)WTO(世界貿易機関)世界貿易機関(WTO)政府調達協定世界貿易機関(WTO)交渉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone