世知/世智(読み)セチ

デジタル大辞泉の解説

せ‐ち【世知/世×智】

[名・形動]
世渡りの知恵。「―にたけた人」
仏語。世俗に生きる凡夫の知恵。
抜け目のないこと。けちなこと。また、そのさま。
「親の―なる事を見習ひ、八歳より墨に袂(たもと)をよごさず」〈浮・永代蔵・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android