舟航(読み)しゅうこう

精選版 日本国語大辞典「舟航」の解説

しゅう‐こう シウカウ【舟航】

〘名〙 に乗って行くこと。航海
※田氏家集(892頃)上・江州形勢「綺分田畝秋来稔、葉泛舟航風順廻」 〔法言‐吾子〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「舟航」の解説

【舟航】しゆうこう(しうかう)

舟で航行する。〔淮南子、氾論訓〕古(いにしへ)、大川名谷、路を衝し、來をぜず。乃ち木(ゆぼく)(くり舟)方版(いかだ)を爲(つく)りて、以て舟航を爲す。故に地勢無、相ひ委するを得たり。

字通「舟」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android