コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世間擦れ セケンズレ

デジタル大辞泉の解説

せけん‐ずれ【世間擦れ】

[名](スル)実社会で苦労した結果、世間の裏に通じて悪賢くなること。「世間擦れしていない人」
[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「世間を渡ってずる賢くなっている」と、「世の中の考えから外れている」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成16年度調査平成25年度調査
世間を渡ってずる賢くなっている
(本来の意味とされる)
51.4パーセント35.6パーセント
世の中の考えから外れている
(本来の意味ではない)
32.4パーセント55.2パーセント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せけんずれ【世間擦れ】

( 名 ) スル
世の中でもまれたため、世知にたけていること。 「 -していない若者」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世間擦れの関連キーワード本来補説若者世知

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android