コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両サイクル発電所 りょうサイクルはつでんしょ dual-cycle power plant

1件 の用語解説(両サイクル発電所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

両サイクル発電所
りょうサイクルはつでんしょ
dual-cycle power plant

50Hzと 60Hzの両方の交流電力を発電する発電所。発電電力の周波数が異なる発電機の間での並列運転は不可能なので,従来から日本では,両周波数の中間地帯である富士川天竜川,木曾川などの発電所では,両周波数に切換えができる構造の発電設備を施設し,必要に応じてどちらかの周波数で発電をしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

両サイクル発電所の関連キーワードインバータ交流電動機チョークコイル力率交流電流インバーターエアコン充電器パワーコンディショナージュール加熱解凍交流電力量計

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone